FXは、決済タイミングが全てで

今の世界経済のバランスは、
通貨の流通によって保たれているとも言えます。

1つの国の通貨レートが下がると
どこかの国の通貨が上がっていくなんてありますよね。

バランスが崩れる要因には、
石油王国の中東で内乱が起きたりすることや
世界の超大国アメリカが、
新しい経済政策を打ち出したときなどです。

ですから通貨の売買で利益を上げるFXとしては、
ここぞと言うときの売買の決済タイミングが重要で、
一歩早まったり遅れたりすると利益を出すどころか、
大きな損金を生むことになりかねないのです。

FXでは、90%の人が損をして、
10%の人が儲かる仕組みなのだそうですから、
決済のタイミングを旨くすると自分にも勝てるチャンスがやってくるのです。

チャートを活用して動きをすばやく
読んでいけるとラッキーチャンスが
転がりこんでくるのだそうです。

為替の動きを予測する面白さ

相場市場への投資には資金が必要ですが、
少ない資金で始められうのがFX。

今やパソコンは情報を入手する手段として欠かせませんが、
得た情報を基に投資へのチャレンジができるのが
外貨を売買できるFXです。

FXトレードには、
ペアー通貨を設定から始まりますが、
最もポピュラーなペアー通貨としては、
米ドルと日本円です。

次は刻々と動いていく為替情報が
サイト上でチャート化されてでてきます。

そのチャートを見ながら
テクニカル分析をしながら
今後のレートの動きを予測していくのですが、

テクニカル分析をしていって、
出てきた予測にプラスして
ファンダメンタルな動きを重ねて行かないと

本当の予測とならないのが、
FXの難しいところです。

為替の動きを予測するには、
あらゆる角度からの分析をしていくのが、
FXの面白さに繋がるのです。

リスク管理をするのが、FX

何事を始めるにもリスクは、伴ってきますよね?
私は営業マンですから、お客様のもとへ売り込みに出かけていくのが日課です。

でも営業の仕事では、絶えずリスクが伴ってきます。
売り上げを延ばすために、新商品を買い込んだですが、
一向に売れていかないというリスクです。

それと同じことが、私が趣味で始めたFXでもリスクが伴ってきます。
ちょっと冒険をしてレバレッジを掛け過ぎてしまって、
旨く伸びていけば、リスクは解消されますが、
失敗すれば損をしてしまうというリスクです。

ですから、何事へもリスクは伴ってきますが、
そこで考えなければならないのは、
リスク計算が大切になってくるのです。

ここでいうリスク計算とは、
失敗してもなんとかなるという読みとなってくるのです。

FXはレバレッジなしでは、語れない

急激な円安でクローズアップされたFXですが、
全くFXについて知らない人って多いですよね。

そこで、聞かれたときの答え方としては、
FX(Foreign eXchange)=「外国為替証拠金取引」と
説明すると理解して貰えるのではないでしょうか。

FXは担保としての証拠金を
FX会社の口座に積んでおくことからスタートします。

そして次は為替の売買ですが、
2国間為替の売買をFX会社に依頼するのです。

ですから、積んでおいた証拠金が
なくなってしまうとそこでストップ。

でもそれだけの売買では、
投資としては大きく動いていきませんよね。

為替レートの動きは大きく動いても
1日で日本の通貨が10円も動いてしまうことは、
まずありません。

ですからFXには、レバレッジという
売買を数倍いや外国では数百倍まで
拡大できるルールを設けているのです。

ぜ・い・き・ん(悲)

税金を払うのが大好きな人って
この世にいるのでしょうか?

国民の三大義務とは言えども、
持って行かれるのはあまり
良い気分じゃないですよね。
本当に頭が痛い。

いやでもFXだし。
関係ないし。
と思ったら大間違い。

FXでも利益が出たら
出た分持って行かれます。
嫌なのは分かります。

リスク覚悟で手に入れた物を
簡単に手放したくありません。

使うなら自分の好きな物に使いたい!
それならいっそうの事脱税してやろうか
と考えちゃうのも分かります。

犯罪なのでやめましょう。
マジで捕まります。

しかし!それは一昨年までの話。
2012年1月からはどんなに利益が出たとしても
かかる税率は20%となり、
前よりかは持って行かれなくなりました。

でもどっちみち取られる事には、
変わりありませんけどね。
頭痛いなあ。

レバレッジについて

FXは少しのお金(証拠金)を入れる事により、
多額の外貨取引が出来ます。これをレバレッジと言います。

これが上手く行くと
めちゃくちゃオイシイ事になります。

例えば10倍のレバレッジを効かせた状態で、
10万円の証拠金で取引をするとしましょう。

外貨預金の場合は預けた10万円分までの取引となりますが、
FXの場合は10倍のレバレッジを効かせているので、
100万円分の取引が可能です。

上手く円高が進めばその分為替差益も多くなり、
笑いが止まらない程大儲け。
「少額で大儲け」が現実のものとなる。というワケです。

ただし忘れては行けません。

少額で大儲けが出来るって事はつまり、
少額で大損しちゃうのもあり得るという事。

早い話が「世の中そんなに甘くはない」ってね。
世知辛い世の中だな〜畜生!

円キャリートレード復活か!

円の金利が現在はものすごい低いという状態が続いていますね。

ご存知の通り日本はここ数年
ゼロ金利という状態です。

ゼロ金利に近い理由は、
日銀が景気の下支えのために
超強行的な金融緩和策を
ずっと続けているからです。

ゼロ金利に近いということは、
この超低金利の円を売って、
外国為替市場で豪ドルなどの
金利の高い通過に交換して、
その国の株式や債券を買って
投資をする運用をするという取引方法が
円キャリートレードといいます。

この円キャリートレードでは、
日本の国自体がしっかりとした国であるため
円を売ったとしてもそんなに損失がでないということから、
多用されている取引です。

個人投資家でもこの円キャリートレードができます。

FXの世界では、この円キャリートレードが
出てくると外国通貨が高くなってきますので、
クロス円通貨が上昇トレンドを描き易くなります。

FXでは、その上昇トレンドを
うまくつかんであげて取引をしたいですね。